【5月22日】『ブラック企業』・『働く』について話しませんか?

水槽にミミズみたいな虫がいる

ミズミミズ

メダカ飼ってますりょうたです。

水槽でメダカなどを飼っていて、ミミズみたいな生き物を見たことはありませんか?

ミズミミズ

ミズミミズという生き物です。

その名の通り、見た目はミミズっぽいので気持ち悪いですよね。

そんなミズミミズについて今回の記事では解説しています。

ミズミミズってどんな生き物?

ミズミミズ

実はミズミミズという名前自体もいろんな生物をひっくるめた総称なので、厳密にはいろんな種類がいます。

今回の記事では見た目が赤いタイプのミズミミズですが、水槽に発生する似たような生き物はだいたい「ミズミミズ」という表記になっています。

ふだんは、砂やソイルといった底砂の中に潜んでいることが多いです。

ミズミミズ

たまに体半分くらいを地面から顔を出していて、底砂をかき回すと出てくることが多いです。(放っておくとすぐに底砂に潜ります)

写真では赤いですが、小さいうちは白っぽい色をしているので見つけにくいかもしれません。

MEMO
写真の底砂は田砂ですが、黒や茶色のソイルを使うとより分かりやすいですね。
メダカ飼育に使う底砂について

ちなみに似たような生き物で「赤虫(アカムシ)」と呼ばれるものもいますが、こちらは、「ユスリカ」という蚊の幼虫なので基本的にミズミミズと区別されています。

赤虫

基本的にはミズミミズと比べると、アカムシの方が一回りサイズが大きい感じですね。

アカムシについては、メダカのエサとして冷凍の状態で売られていることが多く、メダカのエサとしてもかなりポピュラーな部類です。

冷凍アカムシについてはコチラ

ミズミミズが発生する原因

水が汚れている

水槽によってミズミミズが発生する場合、発生しない場合がありますがミズミミズが発生するような環境は基本的に水が少し汚れていることが多いです

これは汚れた水というのが、メダカのエサが余ったりフンなどによってミズミミズに必要な栄養がある状態になっているためです。

特にメダカを飼っていて、エサの食べ残しがあると水が汚れるのはもちろんですが、それをエサにミズミミズが増えることもあります。

水の汚れもいろんな原因がありますが、ミズミミズの存在が水の汚れ具合の目安にもなります。

購入した水草や石などにくっついてくる

アナカリス

そもそもミズミミズはどこからやってくるのか?

ミズミミズは自然発生するものではなく、購入した水草や石などにくっついて来ることが多いです

もしくは卵の状態でくっついてくることもありますね。

ある意味、防ぎようがないので、こればかりはしょうがないですね。

水草を洗浄するとより良い

ミズミミズへの対処

ミズミミズ自体に害はない

メダカ

見た目が良くないのもあり害虫みたいな扱いにも思えたかもしれません。

しかし、ミズミミズ自体はメダカなど他の生物に対して直接危害を与えることはありません

メダカなど他の生物を捕食したり、メダカの卵を食べるなどもありません。

汚れた水に生息することが多いですがただいるだけなので、他の生物を襲うなどはないです。

メダカなどのエサになる

ミズミミズはメダカからすれば虫みたいなものなので、メダカの良いエサにもなります

スポイトを使えばミズミミズは回収できますが、メダカの目の前にそのミズミミズを差し出すと、メダカが食べてくれます。

生きているエサ(生餌)なので、メダカにとっては良いご馳走のようです。

普段のエサは市販のエサで大丈夫ですが、たまにはミズミミズみたいな生きたエサも良いですね。

ちなみに屋外においては、ヤゴもミズミミズを食べるようです。

ミズミミズ
屋外にミズミミズ移したらすごい成長してた
ミズミミズを食べるヤゴ
ヤゴがミズミミズ食べてる!
りょうた
りょうた

ヤゴが水ミミズを食べるのもそうですが、太陽光で微生物が多いからなのかミズミミズの成長具合にもビックリしました。

見た目が普通のミミズとそんなに変わらない。

ヤゴについてはコチラ

ミズミミズ自体に害はない

記事のまとめ
  • メダカ水槽に時々発生するミミズみたいな生き物は「ミズミミズ」という
  • ミズミミズの発生は水が汚れている、外から入れた水草や石にくっついてくるのが原因
  • ミズミミズ自体に直接の害はない(あくまで見た目の問題)
  • メダカのエサになる

繰り返しになりますが、ミズミミズがいるかといってメダカなどへの害はないですし、水槽内の状態が深刻なレベルで悪いわけでもないです
(多少水が汚れているとは思われますが)

ミズミミズを回収すれば、メダカのエサにもなりますので上手く活用しましょう。