メダカの飼育にオススメの水草

メダカにオススメの水草

こんにちは、りょうた)です。

 

今回の記事は水草の話。

水草はメダカを飼い始めたころから、なにかしらいっしょに入れていました。

 

実は水草というかけっこう種類があるし、またメリットもいくつかあるのです。

実際使ってみて良かった水草を紹介しているので、これから水草を購入する方はぜひ参考にしてください。

 

水草のメリット。水の浄化や光合成など

水草の役割は大きく次の通りです。

 

  • メダカなどの生き物の隠れ場所・休み場所になる
  • 水を浄化する
  • 光合成をすることで酸素を共有する
  • メダカの産卵する場所になる

 

隠れる・休む場所

水槽

メダカなど生き物によっては気性の荒い性格の個体もいて、他の生物を追いかけまわすなんてこともあります。
(性格は人と同じで、それぞれなのです)

そんなときに水草は絶好の隠れ場所です。

 

また水草があることで野生の環境に近くなるので、本能的にメダカが安らぎます

水草はメダカの稚魚の隠れ場所にもなります
メダカの稚魚の育て方。ポイントまとめ

 

水を浄化する

エサを与えたり、フンをすることで水は汚れます。

その水の汚れのもとになる成分を水草は吸収して、養分にしていきます

水の汚れは生き物にとって毒なのです。

ただし、劇的に効果があるわけではないのであくまで補助的な意味です。

水換えはちゃんとしましょう

 

光合成で酸素を供給

太陽

植物は光を浴びることで光合成をしますが、水草も植物なので光合成はします。

ただし室内は、太陽の光が外ほどは入ってこないので、専用のライトでしっかり光を確保しましょう。

照明って意外と重要なのです
メダカに必要な照明とその効果

 

メダカが産卵する場所になる

メダカの卵

ウィローモスに産みつけられたメダカの卵

水草はメダカの産卵する場所になります。

水草がないと卵を見失ったり、大人のメダカに食べられやすいので入れておきましょう。

メダカの卵を発見したらやることをまとめてます

 

メダカの卵を見つけたらやること。産卵、繁殖を確実にしよう

 

メダカにオススメの水草

実際に水槽に入れてみて良かった水草です。

増え方や必要な光量など微妙に違うので合う物を選びましょう。

特に初心者にオススメの水草

アナカリス

アナカリス

オオカナダモや金魚藻とも呼ばれています。

理科の教科書でよく出てきます。

数ある水草の中でもメダカの飼育においては最も定番の水草の一つ。

どんなレイアウトにもマッチします。

 

丈夫で光がちゃんと当たる場所であればどんどん育ちます

成長したらトリミングしたほうが良いですが、元気なアナカリスであればどんどん芽を出して増えていきます。

アナカリスについて詳しくはコチラ
アナカリスはメダカと相性が良い。育て方と注意点

ウイローモス

ウィローモス

細い紐みたいな見た目です。

そのまま浮かべるのも良いですが、テグスを使って流木や石などに巻き付けて置いておくと良い感じです。

弱い光でも生育し、丈夫で使い勝手も良いです。

同じ系統の「モス」の名前がつく名前の水草はジャワモスなどいくつかあります。

ウイローモス自体が濡れていれば、空気中でも生育できます。

 

ガボンバ

アナカリスと並んで定番の水草。

後述のマツモと非常に良く似ていますが、ガボンバは地面に植えて育てます。

アルカリ性の水だと育ちが悪くなります。

メダカがよく卵を産み付けます

 

マツモ

日本国内にも古くから自生する水草。

見た目がガボンバに似ていて、細かい葉が特徴です。

地面に植える、浮かべるどちらでも育てられて丈夫です。

葉が非常に細かいので、メダカからしても卵を産み付けやすいです。

 

その他の水草

初心者向けからは外しましたが、育成は難しくありません。

お好みで水槽に入れてみましょう。

 

アヌビアスナナ

アヌビアスナナ

通常の葉の形をした水草。

写真は鉢の中に根が入っているけど、ウィローモスと同じように根を流木などにくっつけて活着させることも可能です。

また、他の水草より成長が遅いのでトリミングが不要、丈夫(葉が固い)なのでエビなどに食べられることもない、というのも特徴です。

また葉が他の水草と比べて堅いため、エビなどに食べられる心配もありません。

 

スクリューバリスネリア

スクリューバリスネリア

和名でネジレモとも呼ばれています。

葉が細長く、スクリューという名の通り葉がねじれているのが特徴です。

ランナーで増えるので最初少なくても、後でどんどん増えます

ランナーとは?
地下に茎みたいのが伸びてそこから次々と芽が出てくる

個人的にこれが一番よく増える感じです。

 

ランナーを切らないと地面を覆いつくす勢いで増えますので注意。

あまりに伸びるようならハサミでトリミングするなど、手入れをしっかりしましょう。

 

アマゾンフロッグピット

アマゾンフロッグピット

こちらは水中ではなく、水面に浮かぶ「浮き草」の一種。

強い光の方が生育が良いので、室内でも育ちますが屋外向けかもしれません。

アマゾンフロッグピットの根

水質の浄化能力が高く、根は長くて細かい毛も生えているのでメダカの産卵場所にも適しています

 

ニューラージパールグラス

ニューラージパールグラス

ニューラージパールグラス

小さな葉が無数にあり、順調育つと横に広がるように成長していきます。

上手く育てば地面一面が「緑のじゅうたん」のような状態にすることもできます。

 

こちらも通常の水草と比べると、二酸化炭素の添加や強い光が必要になる(あった方が育つ)ので、ちゃんと育てるには少し手間がかかります。

 

みじんこ浮き草

みじんこ浮き草

みじんこ浮き草

みじんこ浮き草(仁丹藻)は水草(浮き草)でありながら、メダカのエサにもなる珍しいタイプです。

非常に細かく、メダカの口にも入るくらいのサイズです。

 

水草であるので水質の浄化の効果がありますが、メダカのエサにもなる

使い勝手が良いですね。

 

屋外に向いている水草

ナガバオモダカ

こちらは屋外でメダカを飼育するときにオススメの水草。

 

いずれも、アナカリスやマツモなど室内の水草と比べると大きく、スペースもかなりとるので室内で育てるのは難しいです

ナガバオモダカ

ナガバオモダカの花

ビオトープ

メダカの屋外飼育において、定番となっているのがナガバオモダカ。

水質の浄化があり、水中の葉はメダカの良い隠れ場所、休む場所になります。

春~夏にかけては、白い花も咲かせます。

 

丈夫で繁殖力も旺盛で、よほど悪い環境でなければよく増えます。

1,2年育てると倍以上に増えるので、様子を見て間引くようにしましょう。

ナガバオモダカの詳細はコチラ
ナガバオモダカはメダカの屋外飼育にオススメ

 

スイレン

 

スイレンの葉

 

スイレンの葉

スイレンもナガバオモダカと並んでメダカの屋外飼育によく使われる水草です。

葉が水面に浮かんでいるのが特徴です。

 

花も咲かせますが、追肥をして養分をしっかりとらないと花を咲かせません。

花を咲かせたい場合は、少し難易度が上がります。

 

ホテイアオイ

ホテイアオイ

増えるホテイアオイ

ホテイアオイは茎と葉が水面に浮かぶ浮き草の一種で、黒い細かい根が水中に生えています。

細かい根は、メダカのの産卵場所にも最適です。

水質の浄化の能力が非常に高く、水質の浄化の研究として実際にホテイアオイが使われている例もあります。

ホテイアオイの詳細はコチラ
メダカの屋外飼育にはホテイアオイ

 

屋外飼育は屋外に適した水草を使おう

屋外の場合、アナカリスなどのように室内の水草を使っても良いのですが、季節によって外が極端に暑かったり寒かったりするとすぐに枯れてしまいます。

その点ではそういう環境にも耐えられる水草を使ったほうが良いですね。

屋外にオススメの水草はコチラ
メダカの屋外飼育におすすめの水草

 

水草を導入するときの注意点

害貝(スネール)に注意

水草には、虫や害貝(スネール)が混入している可能性があります。

可能であれば水槽に入れる前に、専用の薬剤でキレイにしておきましょう。

虫や害貝が混入してもメダカに直接の害はありません。

ただし、水槽全体の見た目は悪くなるのでこのへんはお好みで

 

水槽の侵入者。スネール(サカマキガイ)の対策、駆除方法

水草の農薬はメダカには影響はありません。

ただし、エビなどの甲殻類や貝類を飼うときは、農薬で死ぬこともあるので農薬は抜いておきましょう

 

【やらないと死ぬ!】エビを飼うときは水草の農薬を取り除こう

 

二酸化炭素。中級者以上向け

お店によっては水草の表記に「二酸化炭素(CO2)添加」のことが書いてある場合もあります。

一部の水草は、こちらから二酸化炭素を人為的に供給しないと生育できないものもあります。

ラージパールグラスなどは二酸化炭素が必須です。

 

ただしこの記事で紹介している水草は、二酸化炭素の添加は不要なので、特に初心者の方は二酸化炭素については気にする必要はありません。

 

メダカといっしょに水草も入れると効果的

メダカ

メダカに合う水草、いかがだったでしょうか。

水を浄化したり、メダカが産卵する場所になったりと良いことが多いです。

 

改めて水草のメリットをまとめると、

  • メダカなどの生き物の隠れる場所・休み場所になる
  • 水を浄化する(水質の改善)
  • 光合成をすることで酸素を共有する
  • メダカの産卵する場所になる

などがあります。

 

メダカを買うときは、水草もいっしょに入れてみましょう。

もちろん金魚など他の観賞魚にもオススメです。