ビオトープ管理士試験までもうちょっと。出題内容をまとめてみた

        スポンサーリンク この記事をシェアする

ビオトープ管理士(2級)の試験まで、2週間を切りました。

 4つの大問に分けて出題されますが、難易度だったり、聞かれてる分野だったり違うようです。

 

そんなビオトープ管理士の資格試験ですが、けっこう知名度は低いようです。

僕も生き物に関してしっかり勉強しようといろいろ調べているときに行きつきましたからね。

 

なので今回は、そんなビオトープ管理士がどういうものかを紹介していきます。

 

 

生態学

文字通り、生態系に関する問題ですが、基本的なことであれば中3の理科でも生態系は基本は触れるので、塾講師の経験も多少役に立ちました。

 

高校や大学で習った知識も役に立つので、やりやすいほうかと。

 

基本的には大学で生物系の授業を取っていた人であれば、その時の復習みたいな問題がほとんどです。

 

ビオトープ論

そもそもビオトープって何かというと、

「ビオトープ管理士」は、自然と伝統が共存した美しく強靱な地域の創造を目指す技術者、端的に言えば、自然の保全・再生を任すことが出来る技術者です。

 その名に冠するビオトープ[BIOTOP]とは、生きもの[BIO]と場所[TOP]から成る言葉(ドイツ語)で、地域の野生の生きものたちが生息・生育する空間を指しています。

ビオトープ管理士 公式サイト|ビオトープ管理士 概要説明と活躍のようす|(公財)日本生態系協会

 このように定義されています。

 

基本的には、川や森など生物が人間の手を加えずとも普通に生息してる場所のことってイメージですかね。

 

そのビオトープに関する知識全般を聞いていますね。

やってみた感じ、生態論に近いことを問われている感じです。 

 

環境関連法

環境関連の法律や条約などに関する問題ですが、ここが課題でしょうか。

7月に受けたエコ検定でも法律の問題はありましたが、やはりやりづらかったです。

 

けっこう細かいところまで聞かれるので、一つ一つの法律などをしっかり覚えなければいけません。

 

法律などけっこう文系っぽい話が多いので、理系にとってはある意味一番やりづらい問題かもしれません。

 

計画部門

ビオトープ管理士は計画管理士といういわゆるプランナーみたいな部門と施工管理士という現場での施工を行う部門の大きく2種類あります。

 

僕は計画管理士で受けるので、ビオトープを作る際のことや街づくりのことを問われます。

 

生態学やビオトープ論に関連した問題もあるので、そこまでやりづらい感じではないですかね。

このあたりは文系の人でも街づくりに関する知識がある人はやりやすいかも。

 

なお、もう一つの施工管理士の部門については、内容的に造園や工事に関する知識が必要みたいですね。

 

現状は・・・

2,3回ずつ解いた感じで環境関連法以外は合格ラインの6割くらいは取れてます。

あとここでは挙げませんでしたが、上記の筆記試験に加えて、小論文があります。

 

テーマはその都度変わるようですが、本番では3つのテーマが用意されていて、そこから1つ選択して400字以内で答えるという形式です。

 

合格基準としては、「可」と「不可」の2段階評価で「可」がつけばいいそうです。

可の明確な基準まではわかりませんが、ビオトープ管理士として考え方や行動が適切であればOKだそうです。

 

過去問と同じような問題だったので、過去問を見てある程度どんなことを書こうかを事前に考えておくと本番でも意外と困らなそうです。

 

どんな仕事に役立つ?

自然に興味のある人でないと知らない人がほとんどのようです。

ただ県庁・市役所の土木系の職種では評価はされるようです。

 

また、以前建設会社に勤めている人も「ビオトープ管理士の人が会社に欲しい」と言っていたので、建設業界で必要としている会社もあるようです。

 

ハローワークで求人見たときも、やはり一部の建設系の会社でビオトープ管理士を持っている人を優遇みたいなことは書いてありました。