農学部の勉強から就職まで。大学でやっていること

農学部でやったこと

こんにちは、元農学部のりょうた(@nr880622)です。

 

いろんな人に

「大学は農学部でした」

と言うとけっこうな確率で珍しがられます。

 

それで覚えてもらうこともあるので良いですけどね。

農学部というと畑作業を思う浮かべる人が多いでしょう。

それはそれで正解ですが、それ以上にいろんなことをやりました。

 

分かるようで分からない大学の農学部でやること。

実際に卒業した僕がまとめてみました。

 

この記事で書いている事
  • 農学部ってどんな勉強をしているか
  • 農学部でやる実験や研究
  • 農学部の就職、進路の状況

ちなみに僕は玉川大学農学部を出てるので、そこを例にしてます。

 

スポンサードリンク




 

勉強面でやること

実験。マウスの解剖で実際に切り開いた

種々つをする前の男性医師

これをやったのは1年の5月頃。

基本最初のころは野菜だけでなくいろんなことを幅広くやります。

そのため植物だけでなく動物や昆虫に関することもやっていました。

 

そんな中でやったのがマウスの解剖。

実際に各班(4人ずつくらい)に既に動かないマウスを1匹支給され、レクチャーを受けながら自分たちでお腹を切り開きました。

メインは切り開いたら内臓があるので、その様子をスケッチするというもの。

 

意外と内臓を見ても平気でしたが、それ以上に麻酔に使ってた薬品の匂いがきつかったです(;^ω^)

例年内臓を見てか薬品の匂いでか、気分を悪くする学生は数人いるそうです。

 

他にも牛などの家畜と動物も扱う事はあります。(畜産系の学科とかは特に)

あと僕の行ってた大学では昆虫も扱いました。

実験に関しては植物から動物、昆虫など幅広く扱いました。

 

土づくりからの農作業。各自で野菜を栽培

プチトマト

これは一般的なイメージ通りでしょう。

プランターでやりましたが、プチトマトを育てました。

 

必ずやる事が野菜を育てることですね。

葉が数枚程度の小さい苗の状態で、土に入れる肥料の配合・量も自分たちで調整して栽培しました。

これも育てて収穫するのはもちろんですが、収穫した個数や味などいろんなデータを取る方がメインでした。

 

それで問題が、実は僕、大学入った段階ではトマトが嫌いでした(笑)

なので食味検査(味の確認)をしろと言われて正直困った部分もありました。

ただ、食べないとデータが取れないので嫌々食べてましたが、しばらく食べ続けているうちに気が付いたら普通に食べれるようになってました。

今ではむしろ好きな野菜です。

 

田植え。一つ一つ丁寧に植える

田んぼ

大学3年の夏くらいでしたね。

その少し前に米を発芽させるのは各自でやって、いい感じに伸びてきたものを各自で田植えしました。

 

通常はトラクターでやる場合が多いですが、この時は裸足で田んぼにも入り各自で手で植えました。

泥がすごく柔らかいので足が埋まってしまう感覚がなれませんでしたが、泥の生暖かい感じがクセになりそうでした(笑)

 

あと田んぼの中にはオタマジャクシやタニシとかもいたので、それを見てるのも楽しかったですね。

ちなみ僕は高校は普通科で農作業もしたことはなかったのですが、農業高校出身の人もいて、そういう人たちはだいたい高校でも田植えとかはしてたようです。

 

卒業研究・卒論はすごく忙しい

農学部というより、理系全般に言えますが、文系と比べると圧倒的に忙しいです。

特に植物を使うとなると、日ごろの管理も欠かせないので必然的に卒論中心の生活になります。
(動物や昆虫を扱う場合も同じ)

 

バイトをしながら卒論も不可能ではないですが、相当な労力がかかる覚悟は必要です。

僕の周りもバイトもやっている人はいましたが、最低限の回数に抑えてました。

 

大学4年の12月くらいまで、実験と論文作成で膨大な時間を費やしました。

ちなみに論文は100ページ越え。

 

当時、文系学部を羨ましいと思った事は一度や二度ではありません(笑)

 

農学部の就職活動、進路

農家は意外と少ない

考えている女性

農学部というと、「農家になる」というイメージの方が多いようですが、実際は農家になるというのはごく稀です。

食品メーカーなどのメーカー系の企業への就職がイメージです。

植物に関する仕事や大学の勉強をベースに学んだことを生かすというパターンが多いですね。

参照:農学部を卒業した後の就職先は? 一番多い業界は○○

 

特に女性の場合、食品系の学科を好む傾向(農業高校も含めて)があり、そこから食品系の会社への就職も多いみたいです。

もちろん、専門と関係のない普通の企業に行って営業や事務などの仕事に就く方もいます。

僕なんかも、卒業から半年の間は空きましたが、塾講師やってましたからね。
(数学、理科を教えてたので多少関連はあるかな)

 

いずれにしても、農学部だから農業をやらなければいけないとかはなく、様々な選択肢があります。

 

大学院への進学

数式

あとは大学院への進学。

民間企業の研究職は「院卒」以上しか受け付けてない所も多いので、院まで行ってそこから研究職に就くというパターンもあります。

もしくはそのまま大学で研究をして、准教授、教授となったり。
(大卒でも研究職はなくはないですが、院卒に比べると圧倒的に少ない)

 

ちなみに就活の時期は、卒業研究とも時期が重なります

卒業研究で相当な時間と労力を使うので、やはり文系と比べると選考を受ける企業の数も少なめです。
(僕で20社ほどでした)

 

ただ他の大学も含めて大学院行って精神を病んだという話を聞くことが何度かあったのでそこは気になる所。

いずれにしても何となくで行くところではありませんね。

 

公務員もいる

少数派ではありますが、公務員への就職もあります。

農業に関わる職種や国家公務員でいうと農林水産省。

市役所や都道府県庁の事務職まで多岐に渡ります。

ただし理系学部から事務職にいくのは少数派のようです。

 

僕も実は公務員を目指した時期があり公務員試験の講座も受講しましたが、試験の内容が多岐に渡ります。

そのため、膨大な勉強量と時間が必要になります。

またそれに伴って、就活を並行しようとするとかなり大変なので、覚悟が必要です。

 

番外編。大学の必修科目

これは農学部とうよりうちの大学の話ですが、1年生は体育と音楽が必修でした

体育については前期は普通にいろんなスポーツをする。

後期は秋の体育祭で発表?みたいのをするのでそれに向けた練習がメインでした。

後期はとにかく、前期は授業というより楽しんでやってた感が強かったので、普通に楽しかったです(笑)

体育祭のほうは少しアクロバットな感じの体操だったので、少し苦労しました(;^ω^)

 

音楽については、12月に普門館でベートーベンの「第九」を全員で合唱するというのを毎年やっていてそれに向けたものがメインでした。

しかも歌うのも全編ドイツ語で。

個人的には英語に近い感覚の発音だったので、そこまで苦ではありませんでしたが、今思うとけっこう珍しいことをやってたなと思います。

この辺は玉川大学独特ですね。

 

農学部は意外と幅広い

本格的な卒論よりは前の話ですが、いろんなことをやりました。

農学部といっても野菜を育てるだけでなく、動物や昆虫も扱うし、僕の卒業研究は観葉植物でした。

 

さらに僕の場合他学部の教養科目も多めにとっていたので、なおさら幅広く勉強したと思います。

文系学部の授業も取っていたくらいですから。

当時も農学部にはいながら、いろんな方面の知識をつけたいという思いは強かったですね。

もっと専門的になると、このように外で作業をやる場合もあれば、僕のように室内での実験がメインとなる場合もあるので、本当に人によって様々です。

 

実は僕が大学を卒業したのはちょうど震災があった時。

卒業式がなくなったり、生活も苦しくなったりと大変でした。

 

【東日本大震災】なくなった卒業式。大変だった生活