【レベル別】オススメのHSPの本

HSPのオススメ本

HSPのりょうたです。

最近は、一部の人が「HSPブーム」とも呼んでいるくらいHSPという言葉が以前より知れ渡った気がします。

HSPの知名度が上がったこと自体は嬉しいことですし、僕もより一層HSPの発信をしっかりやっていこうと思っています。

一方でSNSを中心にHSPの情報量がすごい増えたとも感じています。

そうなると、

  • HSPの情報ってどれが正しいの?
  • どこでHSPの情報や知識を手に入れれば良いの?

といったことを思う人もいるかもしれません。

僕としては、確実に質の高いHSPの情報を手軽に手に入れるという意味では『』をオススメします。

本であればHSPについての質の高い情報が書かれていることも多いため信頼性は高くなります。

今回の記事はそんな本の質も踏まえたうえで、レベルや段階ごとにオススメのHSPの本を紹介しています。

 

HSP入門編

HSPを知ったばかりの人が最初に見るであろう本ですね。

HSPは元々心理学の話ですが、何の知識もない人がいきなりガチの心理学をもとにHSPを知ろうとするとしんどすぎて挫折する可能性も高いです

研究論文が良い例ですが、専門用語が多くて何を言ってるかさっぱりわかりませんからね。

 

その点では、まずは分かりやすくHSPについて解説された本を見ることで

  • HSPの概要
  • 自分がHSPかどうか
  • HSPとどう付き合っていくか

などをある程度把握することができます。

また下記で紹介している「敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本」や「敏感すぎて困っている自分の対処法」などのように漫画も交えていると、ただ活字だけの本と比べてもかなり見やすくなります。

専門性が増すほど、活字の比率が多くなって最後まで進めるにも根気が要りますからね。

あるあるネタも多いので、初心者にとって非常に分かりやすいです。

 

逆に言えば、今の僕みたくHSPの知識がある程度あったり心理学の知識があるような方だと物足りなく感じる可能性もあります

また、本の内容が一部エビデンス(HSPの研究)とは関係ない場合もあるので、HSPの全てを知るには厳しいです。

あくまで入門編、初心者向けとして活用しましょう。

こんな人にオススメ
  • HSPを知ったばかり
  • HSPについての知識がほとんどない状態
  • HSPについてまずは手軽に知りたい
  • 活字を読み続けるのがキツイ

HSPの定番本・ベストセラー

本屋でよく売れているベストセラー、定番の本ですね。

特に「繊細さん」の本は、最近はどこの本屋に行っても置かれている印象です。

 

このレベルの場合、「ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本」の著者のみさきじゅりさんや「繊細さん」の著者の武田友紀さんのようにカウンセラーの方も多いので、カウンセラー目線でのHSPの話が中止になってきます。

カウンセラー目線ということで入門編で紹介した本と比べると、少し専門的な話も出てきますが解説や補足をされていることも多いので、心理学の予備知識が少ない状態でもさほど苦にはならないと思います。

MEMO
単純なレベルだけなら入門編とさほど変わらないかもしれません。好みによってはこのレベルの本を入門編としても良いかもしれません。
こんな人にオススメ
  • ある程度HSPの知識が身についてきた
  • カウンセラーの話などより実践的な情報が欲しい

子供(HSC)向けの本

HSPの子供バージョンで「HSC(Highly Sensitive Child)」と呼ばれる気質もあります。

通常のHSPの本だと、HSCや子どもに言及しているページがそこまで多くありませんが、「HSCを守りたい」の場合は著者当人もHSCのお子さんを抱える当事者で本の中では他のHSCのお子さんがいるお母さん同士の座談会が行われたりなど、HSCについてのリアルな情報が見れます。

特に子供のうちは親との関係性は最重要
HSPと親の関係で大事なことは、ほどよい距離感

 

またHSCにともなって不登校になったときの支援についても言及されています。スタディサプリのような自宅学習のツールやコミュニティ、スクーリングなど様々な角度から不登校の子供にたいしての支援も知ることができます

 

HSCに特化した本は現状そこまで多くないので教育に興味のある方やお子さんがHSCという方は必見ですね。

こんな人にオススメ
  • 自分の子供がHSC
  • 子供がいる親
  • 教員など教育に携わっている人

HSP中級者以上向け。学術・研究寄り

ここまで紹介した本は、HSPについて分かりやすく解説しています。

ただし、本の著者はカウンセラーが多く、いわゆる「研究者」というわけではないです。

HSPのおおもとも、研究から始まっているため「確実にHSPの正しい情報を得たい」のであれば、HSPの研究にも触れる必要が出てきます。

 

Google Scholarという研究論文の検索エンジンがあり、そこで論文を閲覧することも可能ですが、なにせ難しい。

僕も大学(農学部)で研究はしましたし、論文を書いたり他の論文も見たりしましたが当時の僕でもかなり苦労しましたし、まして一般の人がそう簡単に論文の内容を理解することもできません

いきなりここで学術寄りの本から入ると挫折する可能性が高いので、まずは入門編やベストセラーの本を見てHSPの知識をつけて、そのうえで学術的な本に触れた方が良いですね

こんな人にオススメ
  • HSPについてレベルの高い知識が欲しい
  • 研究目線、エビデンスのある情報が欲しい
  • HSP含め、心理学を突き詰めたい人

HSPの本から情報収集しよう

レベル別オススメHSP本
  1. 入門編。「敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本」などのように漫画や図を多用した本
  2. 定番。「繊細さん」などのように心理カウンセラーなどある程度心理学に精通している人が著者の本。少し専門用語も出てくる
  3. HSC向け。「HSCを守りたい」のようにHSPの中でも子ども(HSC)に特化。HSCのお子さんをお持ちの親にはうってつけ
  4. 学術的、研究に基づいた本。アーロン博士や大学教授などHSPの研究者が書いた本。エビデンスに基づくため質が高いが、かなり難しい

レベルや段階別の観点からオススメのHSPの本を紹介しました。

今は特にSNS内でHSPの情報量もかなり増えてきていて、あれもこれも取り入れ出すとあっという間に情報過多になって疲れてしまいます。

その中で上手く情報の取捨選択をすることも重要です。

SNSなどネット上でもHSPの情報は得られますが、物によっては信ぴょう性に不安があることもあります。

その点で本であれば質の高さはある程度保証されているので、HSPの正しい情報を得られる可能性も高くなります。
(もちろん本とはいえ全てが正しいとは一概に言えませんが)

HSPの正しい情報を得たうえで、各自の仕事や生活に落としこんで、少しでも良い方向に進むことができればうれしいです。

 

▼入門編

▼ベストセラー・定番

▼HSC向け

▼学術寄り