ブログコミュニティイバライターメンバー募集中

【次回開催情報有り】HSP交流会・勉強会の内容解説

HSP交流会・勉強会

著者:長池涼太(正しいHSPの知見を発信していくブロガーの第一人者)

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

正しいHSPの知見を発信していくブロガーの第一人者のりょうたです。

僕はこれまで『HSP交流会』を開催しました。

2021年以降は『HSP勉強会』として開催しています。

HSP交流会を開催して、反省点なども出てきたのでまとめました。

参加する人はもちろん、HSP交流会を開催しようと考える人にも参考になればと思います。

りょうた
りょうた

コロナウイルスの影響もあり、オンラインのHSP交流会も増えています。この記事では2019年に行ったHSP交流会をもとにしているためオフラインでの交流会の話になります。

HSP交流会・勉強会の開催実績

2019年に茨城県水戸市のコミュニティスペース本拠地でHSP交流会初めて開催し、2021年以降はオンライン(Zoom)で開催しています。

りょうた
りょうた

40回以上、4年にもわたってHSP交流会をやっている人、団体は全国的に見てもかなり希少です。

HSP交流会、HSP勉強会開催実績
  • 2019年:2回
  • 2020年:1回
  • 2021年:13回(この年以降はほぼ毎月定期開催。オンライン開催も始めました)
  • 2022年:18回(さらに外部コミュニティのHSPオンライン講座への登壇もアリ)
  • 2023年:11回
  • 2024年:1回

最近のHSP交流会の内容

研究、エビデンスなど『正しさ』を重視

最近(2021年以降)のHSP交流会はエビデンス・勉強会の要素が強くなりました

これは2020年になってHSPがテレビなどで取り上げられることが多くなりHSPが知られるようになった一方で公式(研究)とは明らかに違った知見が広がってしまったためです

このような誤解が広まって、将来的にHSPが誤解を受けるのは避けたいです

りょうた
りょうた

もちろん可能な限り分かりやすく説明することは心掛けているのでご安心ください!

ちなみに僕が共有する研究の情報は、創価大学でHSPの研究をしている飯村周平さんのTwitterHSPの情報サイトなど研究関連の情報・論文を参考にしています。

オープンにしづらい話題も扱う

HSPブームの闇
研究者も注意喚起しているHSPブームの問題点

特に勉強会の要素が強い会ではHSPを使った『悪徳商法』について言及したこともありました。

質の低いカウンセラーに引っかかって余計ひどい状況になったという情報も入ってきているため野放しにもできません。

HSP交流会(勉強会)というクローズドな場だからこそ、なるべく忖度のない情報共有をするように心がけています。

安心感のある人柄・雰囲気

HSP勉強会
HSP交流会(対面)でHSP研究について解説している僕です。

情報の質を重要視していますが、まず主催である僕が信用に値する人間であったり接しやすい人間でなければいけないと思います。

そのためHSP交流会・勉強会中の喋り方や雰囲気には気を配るようにしていますし、多くの方がブログやSNS経由で参加しているため、普段の発信内容も極力気を付けるようにしています。

りょうた
りょうた

いろんな人と話して気づきましたが、特にSNSの発信はいいねなどのリアクションがなくても意外と見られているみたいです(笑)

オンラインHSP交流会も開催

コワーキングスペースとパソコン
オンライン開催ならネット環境があればどこでも開催・参加できます。

対面だと参加者が茨城県内の人に限られてしまいがちですが、オンラインであれば居住地に関係なく参加でき、僕のHSP交流会も、全国各地からの参加もあります。

ただしオンラインは場所の確保がですが、

  • ネット環境
  • ZoomやGoogleMeetなどオンライン会議のツール
  • (できれば)パソコン

が必要になります。

りょうた
りょうた

タブレットやスマホでも参加はできますが、機能の制限や使いやすさの観点からパソコンでの参加をオススメします。

またオンラインは、人数が多いとコミュニケーションを取るときに喋るタイミングにも気をつかう必要があります。

オンラインだと自宅など全国どこからでも参加ができる一方、喋るタイミングなどコミュニケーションの面は対面より気をつかう場面も多いです

りょうた
りょうた

オンラインならではだと、全国の教員向けのHSP講座を開催したこともありました。

HSP交流会・勉強会でよくある質問(FAQ)

HSP交流会、勉強会で実際に出た質問をまとめています。

参加に不安のある人はぜひご参考に。

HSPを最近知ったばかりで、そこまで知識がないですが参加しても大丈夫ですか?
大丈夫です。むしろ余計な先入観が無い方がHSPの公式の情報もすんなりと理解しやすいです。分からない部分があれば丁寧に解説しますのでご安心ください。
どういう方の参加が多いですか?
HSPに加えて『教育』や『働き方』に関心のある方が多いです。ただし、性別や年齢による参加の制限は一切設けていません。『HSPを学びたい気持ち』があればどなたでも大歓迎です。
HSPの人って生きづらいですよね?
必ずしもそうでないですし、実は『HSP=生きづらい』というエビデンス(根拠)はありません。HSPだけでなく様々な角度から考えていくことが重要になります。
HSPの子どもは不登校になりやすいですよね?
不登校も同様に明確なエビデンスはありません。ただし、親や教員が適切にHSPを理解することで問題の軽減や解決につながります
HSPを学ぶ上でのオススメの書籍を教えてください
正直言うと、書店によく置いてあるような本はオススメできません。オススメできる本としては、「HSPの心理学: 科学的根拠から理解する「繊細さ」と「生きづらさ」」(飯村周平著)や「敏感すぎる私の活かし方 高感度から才能を引き出す発想術」(エレイン・N・アーロン著)などのアーロン博士や飯村周平さんなどHSPの研究者が著者の本が良いです。なお、HSPの主要な本の詳細は当ブログのHSP本をまとめた記事でも解説しています。

HSP交流会・勉強会の参加者の声

これまでのHSP交流会・勉強会に参加した方の感想をいただいております。

太刀川友理
太刀川友理
2022-12-29
HSP交流会に、参加しました。HSPはここ近年、爆発的に言葉が認知されましたが、そもそもどういうことなのかの理解は進んでおらず、HSPと言う言葉、とふわっとした概念ばかりが先走っています。リョウタさんは、論文ベースで語ってくれるので、とてもわかりやすいです。HSPは特性であり、病気ではないことがよくわかりました。また、HSPのご本人の体験談やどう仕事に行かしているのかの生の声が聞けて、とても参考になりました。交流会に参加させていただき、ありがとうございました。
佐々木伸悟
佐々木伸悟
2022-03-20
HSP勉強会に参加させて頂きました。 近年、HSPに関する情報がネット上で溢れてどの情報が正しいのか、迷っていました。 スズイキさんは、HSPだけでなくて、ブロガーのためブログに精通しており、 HSPのみならず、正しい情報の見極め方まで教えてくださいました。 特に、検索上位に出てくるHSP診断は、必ずしも正しく無いこと、オススメのHSPブログも教えてくださいました。 とても参考になりました。ありがとうございます!!
佐々木里実
佐々木里実
2022-03-19
HSPについて、あまり知らなかったですが今回セミナーを聞いてとても勉強になりました。 また、丁寧に教えていただき分かりやすかったです。 機会があったらまた受けたいです!
茅根康義
茅根康義
2022-02-23
HSPについての基本的な知識を学ぶことができたのが良かったと思います。今回紹介してもらった書籍やブログなどで学びさらに理解を深めようと思っております。
Takemoto Yuichi
Takemoto Yuichi
2022-02-23
勉強会に参加しました。 HSPについて詳しくお話を聞くことができて、大変勉強になりました。
Rusty n
Rusty n
2021-03-13
HSP交流会に参加して貴重な対話の経験をさせてもらえました。ブログひとつ書くのには、共有スペースを借りたり作ったり、そして人から情報を聞くために交流会を開いたりなど、営業力や取材力、そして工夫や創作力が必要なんだなあと主催者の努力を垣間見ました。また、交流会により自分より下の世代、そして同じ学問をしていた人と対話し自分自身の研磨になりました。貴重な場を設けて貰った感謝とこれからの発展を支持したいです。
関口佳恵
関口佳恵
2021-02-13
HSPについて勉強できます。詳しく知りたい方には良いと思います。
大金一誠
大金一誠
2021-02-13
HSPの話ってなかなか聞く機会がないですよね。 わかっているようでわかっていなかったHSP 。かなり勉強になりました。
さとけん(さとけん.com)
さとけん(さとけん.com)
2021-02-06
茨城県のHSPの第一人者と言えば、スズイキ!!

全般的に「学びになった」「丁寧な内容」についてご評価いただいています。

HSP交流会を自己分析や支援活動につなげよう

HSP交流会に参加する方の多くは

  • 「HSPを理解したい」
  • 「こんな悩みがあるけどどうすればいい?」

といった方が多いかと思います。

僕が開催するHSP交流会では研究論文などの学術的な研究知見を基にしており、かつそれをわかりやすく解説できます。

加えて普段は教育や働き方(キャリア)に関する活動をしていますし、特に働き方は会社員からフリーランスまで様々な働き方を経験しており、そこで得た知見も話せます。

「HSPを知りたい」「教育や働き方に関する悩みがある」

そんな方はぜひ僕が主催するHSP交流会にお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA