MENU

スポンサードリンク

プロフィール

りょうた

茨城県に住んでいるブロガーです。
月間1万PV。
茨城県坂東市のリバ邸茨城住人。
大学卒業後、派遣事務(2か月)、塾講師(4年)、農業法人(3週間でクビ)という経歴。
ブログを通じて、地元茨城の魅力を時々発信してます。
目指せ、脱魅力度最下位。
お問い合わせはお問い合わせフォームもしくはツィッターのDMからお願いします。

プロフィール記事

ほしい物リスト

ツィッター

【退職】これ以上体がもたないので塾講師という仕事を辞めた

塾講師辞めました

こんにちは、元塾講師のりょうた(@nr880622)です。

 

今年の2月まで塾講師をやってました。

いろんな人から

 

「塾講師って安定してるよね

とか

 

なんで辞めちゃったの?

ということをたびたび聞かれました。

 

よく言われる安定に関しては、私のいたところは給料も20万ちょっとはあったので、県内としてはまあまあ高い方かと。

ただ、規模の小さいところは給料が未払いだったりもあるそうで、会社によっては状況がよろしくないのかなーという感じです。

そんな塾講師の世界ですが、4年いた末に僕は辞めました。

なぜ辞めたかこの記事で話します。

 

スポンサードリンク

 

退職理由

でなんで辞めたかは、簡単に言うと体調の悪い時期がずっと続いてたからです。

 

基本平日一日どこかが休みで、年に数回日曜休み。

GW、お盆、年末年始の休みは普通の会社と同じ感じで、1年目の時は100日ちょっと休みがあったと思います。

残業も通常レベルかなと。

 

変わったのは3年前で、シフトの関係か何かで前半半年がやたらと休みが多かったです。

ただそれのツケなのか後半半年は休みが前半の半分まで減らされました。

 

一昨年。この時は前年の休みがまだ多いほうだったらしく、GW等のぞいて常時週休1日でした。

 

そして、体調が悪くなりがちになった

体が動かなくなったり、自律神経やられたり

顔色の悪い男性

印象的だったのが、ある日いつも通り出勤(正午出勤)したら、近々あった説明会の資料を私が作るということに突然なりました。

しかもその日のうちにやらなければならず、定時は22時なのですが、その日は夜中・・・もとい早朝4時までかけて資料を作りました。

 

ちなみに翌日というか終わったその日が休みでしたが体が動きませんでした。

【過労で死にそうだった】最もきつかった2日間

 

その日に言われて、16時間も仕事をしました。

この年はこんな感じの残業がたまにあり、このころからたびたび体調を崩して病院行ったり、常に疲労感や体のだるさを感じるようになりました。

 

特に説明会の資料のちょっと前に心臓付近がずっと痛むのが気になり、病院に行ったら、心電図、血液検査など、簡単な健康診断をやり結局自律神経がやられているという診断を受けました。
(自律神経失調症に近い感じですね)

 

だいたい体調が良くなかった。眠れなかったり胃腸炎だったり

倒れている男性

他にも胃腸炎だったり眠れないだったりの症状がありました。

今まで風邪ひく以外で体調崩すことがなかったので、ちょっと怖くなりました。

 

ちょうどこの頃に鬱で自殺したとかテレビなどで聞いた時期でもあったので、なんとなく自分も他人事ではないなと思いました。

 

そんなこともあり、一昨年の段階で2年後(今年)辞めようというのを自分の中で決めました。

ちなみになぜ今年かというと、個人的に自分が面倒みたいなと思ったクラスが今年受験だったので、それを見届けてからにしようと思ってたからです。

 

雰囲気も悪くなった。暴言の応酬

大きなゴミと書かれた答案

そう思いつつ、一昨年、去年と過ごしてきましたが、この間会社の業績は下がってたそうで会社が(特に社長が)かなりピリピリしており、会議のたびに罵倒されました。

けっこう普通に「クズ」とかいうので当時はそれが普通かと思ってましたが、今思うとビックリします(笑)

 

個人的に罵倒されることはほとんどありませんでしたが、自分に関係なくても罵声や怒鳴り声は聞いてて気分が良いものではありません。

 

【暴言の応酬】僕が学習塾を退職した本当の理由

 

話を戻すと、もう一昨年の段階で常に体調が悪いのが続いており、このままで体がもつのかと思い、多少リスクはあるにしても辞めた方がいいなと思い、辞めたということです。

 

退職して元の生活に戻った。そして元気になった

ガッツポーズする男性

ちなみに今はどうかというと、体調が良好です(^^)仕事してた時には考えられないくらい体が軽いです。

いかに以前が体調悪かったか・体がだるかったかがわかります。

やはり夜型の生活は体への負担が大きいです。

これからは無理のない生活をしようと思います。

 

記事にはしたものの上司とかは良い人が多かったので、実際悪い事ばかりではありませんでした。

本当の恐怖はこの後転職した農業法人だった・・・

 

【あなたには価値がない】農業法人のバイトを3週間でクビになった話