茨城のコワーキングスペース、オススメ4選

こんにちは、ブロガーのりょうた(@nr880622)です。

 

ブロガーの皆さん!ブログ書く時ってどこで書いていますか?

 

僕は自宅で書く事が多いですが、最近はコワーキングスペースに行くようになりました。

自宅にもWiFiはあるのですが、いつも一緒の場所だと飽きてしまう事があります。

 

そんな時にコワーキングスペースでブログを書きに行くと、周りに仕事をしている人がいてさぼれないし、何より身が引き締まります。

そんな中で最近は茨城県内のコワーキングスペースを利用するようになりました。

東京の方に行けばコワーキングスペース的な場所ってけっこうあるのだけど、茨城県内はそこまで多くない。

ただ、そんな中でも「ここは作業するのに良さそう!」という場所をいくつか見つけました。

 

特にコワーキングスペースは、

・家だとブログ執筆などの作業に集中できない

 

・場所を変えて(気分転換で)作業したい

 

・仕事上で誰かとつながりたい・出会いたい

という方にはオススメの場所です。

今回の記事では茨城県内のコワーキングスペースを3つ紹介します。

 

スポンサードリンク




コワーキングスペースとは?

ノートパソコンを使っている男性

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。

コワーキング – Wikipedia

 

いくつかのコワーキングスペースを利用したイメージでは、個人事業主、フリーランスの方が仕事場の一つとして利用しているイメージです。

もちろんサラリーマンの方、学生の方も利用しています。

 

コワーキングスペースによってはイベントも開催しているので、仕事場でもあり人々の交流の場でもあると言う感じで、様々な用途があります。

 

茨城県のオススメコワーキングスペース

①Tsukuba Place Lab(つくば市)。イベントをさかんに開催している

Tsukuba Place Lab

筑波大学のそばのコワーキングスペース。

利用料金は500円。(学生は300円)

(一日利用してもこの額)

 

主に筑波大学の学生や近隣(つくば)で事業を展開している人が利用しているみたい。

 

イベントも頻繁に開催していて、いろんな分野のものをやっているので行きたいと思えるイベントも1つや2つはあります。

 

利用者同士の交流も盛んで、そこから事業のアイデアが生まれたりなんてこともあるとか。

ブロガーだけでなく、茨城県内で事業をやっている人は一度は来てみると良い出会いがあるかも。

Tsukuba Place Lab

②yuinowa(結城市)。和風な雰囲気が落ち着いて良い

結城市のコワーキングスペースのyuinowa

水戸線の結城駅の近くに最近できたコワーキングスペース。カフェも併設。

利用料金は1時間300円。1日利用で1000円。

 

元々は呉服屋で、そこをリノベーションして作ったのでけっこう和風な雰囲気。

 

yuinowaの作業スペース yuinowaの作業スペース、和室

 

県外も含めて和風なコワーキングスペースって意外とないので、新鮮でした。

yuinowaでパソコンで作業中

 

和風というのもあってか、とてものんびりした雰囲気でブログを書くなどの作業が出来ました。

結城という地域自体、いろいろと地域活性化的な事をやっているようなので今後が楽しみです。

 

こちらもいろいろとイベントはやっています。

yuinowa

 

③Wagtail(水戸市)。起業に関するイベント、相談が充実

コワーキングスペース。水戸wagtail

僕の地元にもついにできたコワーキングスペース。

ついにとはいっても、2016年の3月にオープンしてたらしく知ったの最近だけど(笑)

利用料金は4時間まで500円。1日利用で1000円。

 

水戸の市街地の中にあり、バス停も目の前でアクセスは良好。

1階がコワーキングスペース、2階がカフェスペース。

部屋は結構広くて開放的な雰囲気でした。

 

こちらは主に起業に関するイベントや相談を時々行っているそうです。

Wagtail

 

本拠地(水戸市)。利用者は多岐に渡る

本拠地

元は居酒屋なのでカウンターで作業

 

そして2018年4月1日にできた本拠地

1階がコワーキングスペース、2階がイベントスペースという位置づけになっています。

 

運営者(ギルドマスター)もブロガーというのもあって、最近はブロガーの方がよく来るようになってきました。

もちろん、他にも様々な活動をやられている方が来ています。

 

来る人の多様さという意味ではここが一番かもしれません。

僕もここのギルド会員でもあるので、定期的に利用しています。

本拠地

 

コワーキングスペースのメリット

場所を変えてリフレッシュ

yuinowaとパソコン

僕の性格で言うと、同じ場所にずっといるのが飽きちゃうというのもあるので、気分転換になること。

実家やリバ邸茨城内もWiFiは通っているので、1日中そこで作業することも可能だけどなんか飽きてしまう。

 

そんな時に外に出てしまえばそれ自体が気分転換になるし、少しだけ生活パターンを変えてみるのも良いですね。

 

引き締まった気分になる

あとは周りもブログではないにしても同じように作業している人が集まっているので、そういう人の中で作業すると身が引き締まる思いになっていい緊張感が持てます。

ちゃんとやらなきゃ!


家とかだと、どこかだらけてしまう場合もありますからね。

 

調子が良ければ、2,3時間の滞在で複数ブログ記事が書けちゃうなんてこともありました。

 

特にTsukuba Place Labに関して言えば筑波大学の学生や茨城県内で事業を立ち上げている人もよく来ているので、そういう人と話す機会があると、一気に仕事の話が進んだりする事もあります。

yuinowaやWagtailも同じような感じで、地域で活動している方が来ることが多いですね。

 

思わぬ人との出会い・交流

コワーキングスペースはいろんな人が利用しています。

ブロガーももちろんですが、ノマドワーカー、起業したい人、自分でビジネスをやっている人など。

 

そういう人同士で出会って、仕事の話がいろいろと発展する事もあるそうです。

作業中もそうだし、各コワーキングスペースでイベントも開催しているので、そこでいろんな人に出会うこともできます。

実際僕も最近交流のある方は、コワーキングスペースが起点で出会った人が多いですね。

 

電源等の設備完備

電源完備のコワーキングスペースのデスク

電源やWi-Fi、ビジネスに関する本など設備的な物が色々使えるのも良いです。

スタバなどのカフェでも作業はできますが、電源がある所はそんなにないので、僕みたくモバイルバッテリーがない人はきついです。

長時間作業したい方にはオススメですね。

 

まとめ。コワーキングスペースは仕事に最適な場所

コワーキングスペースとパソコン

今回は茨城県内のコワーキングスペースを紹介しました。

今回の3つはあくまで僕が行った所にあったコワーキングスペースなので、もしかしたら探せばもっとあるかもしれません。特に日立など、水戸より北の方とか。

 

都内とかであればコワーキングスペースってけっこういっぱいありますけど、茨城県だけでなく地方はまだまだ少ない印象。

でも実は今回の記事で紹介した通り、ある所にはあります。

 

ブログだけでなく、ノマドワーカーやフリーランスの方などに特に向いている場所なので、ぜひ一度利用してみてください。

 

各コワーキングスペースでは様々なイベントを開催しています。

その一例を記事にしました。

 

傾聴cafeに行くと傾聴の勉強から人脈づくりまでできる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA