HSP目線から見た就活に対する違和感

ここがおかしい。HSPから見た就活への違和感

HSP(Highly Sensitive Person)のりょうたです。

 

僕は会社員時代、派遣事務、塾講師、農業と渡り歩いてきましたが、自分に合う職場に行けたかや自分の力を発揮できたか…と聞かれたら少なくともイエスとは言えません。

塾はとにかく事務や農業についてはメンタルにかなりのダメージを負って退職・クビになっているので後々考えたらとんでもない会社に入ったなと思います。

 

今、就活や転職活動をしている方には僕と同じ思いはしてほしくないと思いますし、どうせ会社に入るなら合う会社、自分の力を発揮できる会社に入りたいと思いませんか?

これに「ノー」という人はいないと思います。

とは言いつつ、普通に就活をすると現実的には難しいとも感じます。

 

一方で、そんな就活や転職活動に対する違和感というのを昔から僕は持っています。

そんな違和感をHSPも交えながら書いてみました。

 

HSPから見た就職・転職活動に対する違和感

関係の浅い人と仕事をするの?

大学生として就活をしていた当時から今に至るまで一貫して感じている違和感がこれです。

後に同期になるであろう他の就活生もそうですし、大半の会社も直接の接点としては就活が初めて。

つまり、就活~入社にあたってあまり関係を築けていない状態なのです

MEMO
もちろん入社前に研修をやる会社もあり、そこである程度会社や動機などと関係は築けるかもしれない。それでもそれまでの友人に比べたらそこまで親しくなるかと言うとそうでもない

 

それって怖くないですか?

 

僕は今フリーランスで一緒に仕事をする仲間もいますが、そういう人達はここ1,2年一緒に活動してきてじっくりと信頼関係を築き上げてきました。

そういう人であれば安心して、一緒に仕事をすることができます。

何かあればお互いでカバーしたり、助け合ったり。

りょうた

フリーランスを例えに出しましたが、人間関係をしっかり築けていれば会社員でも一応可能です。

 

面接で違和感を感じることもある

圧迫面接

これは僕が大学を出て初めて就いた仕事の派遣事務の面接の時の話。

言動というか雰囲気的になんとなく下に見られているなーという感があったけど、「どこの会社もそんなものかな」と思いつつ面接が通過して入社しました。

が、2か月で鬱寸前で働くこともままならない状態になり辞めました

 

実際この面接官だった課長含め上司からのプレッシャーは半端なかったです。

 

ちなみにブログでも度々紹介している、農業法人の面接も似たような感じでした。

僕が大学の農学部を出ているのもあり、農業に関していろいろ質問を受けて

社長

これくらい、知ってるよね?
は、はい…(;^ω^)

りょうた

っていう感じだったので、威圧的だなーと思った部分はありました。

 

こちらも暴言を浴びせられた上でクビになったので、違和感って当たるんですね…。

 

HSP気質を活用して一応見抜けてはいましたが、やはり

りょうた

「いやでも、ここを逃したら就職できないかも…」

という思いもあったので、妥協しちゃいました。

 

逆パターンで言えば、塾は面接官の方もフラットで親しみやすそうな印象を受けました。

実際入社してからも仲が良く、休みの日に一緒にフットサルやったりしてたくらいです。

ここでも直感というか第一印象がものの見事に的中しました。

 

紹介してもらった方が安心

さきほどの「関係の浅い人と仕事?」ということを書きました。

逆に言えばフリーランスではありますが、僕のように関係をちゃんと築けている人や会社との仕事であれば安心して仕事ができて無駄なストレスも少なくて済みます。

それだけ仕事においては『人間関係』が大事ということですね。

 

ということは究極的にはコネっぽくもなりますが、その人に合う人と仕事をしたり、合いそうな人や会社を紹介するというのがミスマッチを防ぐ方法なのかなとも思いました

もちろんいきなり「誰か紹介してください」って言っても紹介する側もただ困るだけなので、それなりに時間かけて信頼関係を築くというのは前提ですね。

 

ただ新卒に関して言えば普通に大学生活を送っていると現実的には難しいので、それで言うと学外での活動を増やして地域活動などで社会人と接点を持つと良いのかなと思います。

MEMO
僕が大学生の時はバイトもサークルもやってなかったので、これくらいはやっておいても良かったかなと少し後悔してます。

逆に言えば、関係性を築いていれば仕事もスムーズにやりやすいし、無駄なプレッシャーもなく取り組めますね。

 

人間関係を重要視するHSP

11月の3~5日にかけて、Zoomで他のHSPの方3人と話す機会がありました。

3人ともTwitterで交流はありましたが、顔をあわせるのは初めて。

 

いずれも仕事の話はしたのですが、仕事において大事なこととして「人間関係」が一番重要というのは全員一致しました。(3人とも全く違う業種で仕事)

給料、福利厚生、会社の規模などいろんな判断材料がありますが、それでも一緒に仕事をする人次第といった所です。

僕も特に2か月で辞めざるを得なくなった派遣事務と4年続いた塾講師を比べた時に、やはり塾講師は社内の人間関係が良かったから続けられたと思います。(昇給は全くありませんでしたが)

 

派遣事務は最終的に

上司

お前のことなんか信用していない!

と言われ、上司にも見捨てられましたからね…。

 

面接で人を見るのは限界がある

地域のイベント

面接など就活だと接しづらさを少なからず感じることのある社会人(面接官)。

僕も実際去年とか水戸などで地域系のイベントに行ったり手伝ったりしたこともありますが、会社に勤めている人も当たり前ですが社外では一人の人間なんですよね

 

ということは、こういう社外こそお互いの素が見れるのかなと感じます

面接は結局、どうしてもお互いに猫かぶってしまう部分もあります。

そのため、面接だと本来見えるべきその人の素などの深い部分が見えづらかったりします。

そしてそもそも面接は時間が限られているので、その時間の中でその人を見極めようと思っても無理があります

たかだか数分の面接でその人の何が分かるんでしょう?

 

会社の外だと面接をする側も受ける側も、少なくとも面接の時よりは素になれます。

時間的にも面接に比べれば圧倒的にその人と接する時間も質も段違いです。

こういう素を見せることで仕事ができるかや会社に合うかどうかは分かるのではないでしょうか。

 

少なくとも僕は今の仕事仲間のほとんどは、こういったイベントなどで出会ってます。

りょうた

あらかじめ信頼関係を築き上げておけば、安心してお互いに仕事できますね

 

HSPが感じる就職・転職への違和感

就活に対する違和感
  • 就活を通じて出会った程度の関係の人や会社と仕事をするのって怖くない?
  • 面接官、会社の威圧的、見下している雰囲気を見抜けちゃう(HSP的に)
  • よく分からない人や会社と仕事するくらいなら、信頼関係築いた人達と仕事する方が安心では?
  • 地域のイベントなどに繰り出して、まずは仲間づくり

HSP気質も交えつつ、就活(転職活動も含む)に対する違和感をまとめました。

特にHSPだと面接は面接官、会社のちょっとした違和感を見抜けてしまう場合も多いので、そこは気質が出るなーと感じます。

 

そして何より、HSPに関して言えば仕事内容や条件以前に「人間関係」に強いこだわりを持つということが言えます。

僕が鬱になりかけた事務も、3週間でパワハラ+クビになった農業も条件だけ見れば優良企業でした。

相場以上の給料、会社の安定性、充実した福利厚生等々。

でも、人間関係が上手くいかずある意味死にかけました…。

 

こんな事例もありますし、ここまで記事を読んだ方は就活や転職活動に対して何らかの違和感を抱いているかと思います。

どうかその違和感を無下にしないで、向き合っていただきたいです。