農業法人に転職するのに身につけるべきこと

f:id:ryota0622:20170128022023j:plain

こんにちは、りょうた(@nr880622)です。

www.ryota-freedom.com

農場をクビになってかれこれ半年。

今はすっかり立ち直っています。

ただこれから農業関係の仕事を考える人もいるかもしれません。

正直な所、会社の規模や条件によってピンからキリまである仕事なので、個人的にはあまりオススメはできません。

しかし、それでもやるって人のために、実際に農業の仕事をやってみて必要と感じたことを今回の記事では挙げてみます。


車の免許。マニュアル免許必須が多い

軽トラックを使う事が多い

f:id:ryota0622:20170922011258j:plain

これについては車両を使う会社が多いため。

マニュアル免許としたのは、軽トラを使う場合が多く、その軽トラはだいたいオートマ車ではなくマニュアル車です。

また農業法人の求人を見ても、ほとんどの会社でマニュアル免許が必須の場合が多いです。パッと見た感じ7、8割以上はマニュアル免許必須でした。

農林振興公社に話を聞きに行った時もマニュアル免許取得は推奨されました。

オートマ限定の場合は、教習所で限定解除の教習を受ける

ちなみに僕は20歳で免許を取りましたが当時はオートマ限定で取りました。

それで転職活動して農業の求人見てる時に、マニュアル免許がないと無理そうだったので教習所に行ってきました。

限定解除の名目で教習所でやって、最後に所内での卒業試験がOKなら、あとは免許センターで手続きをして終わりという感じでした。

限定解除の場合、路上教習はありません。

費用は僕が行ったところで6万円ほどでした。

特に追試もなく教習開始から手続きまで1週間で済みました。

クラッチの踏むタイミングや踏む強さに気を付けましょう。

ただ、教習所が意外と混んでた(4月頃)ので、その辺は気を付けた方が良いです。

体力

とにかく重いものをよく運ぶ

f:id:ryota0622:20170922011802j:plain

これは農業関係ならほとんどの会社で当てはまるでしょう。

僕がいた所でいうと、温室で野菜を栽培し、収穫、運搬、仕分けというのが大まかな流れでした。

特に収穫~運搬はかなり体力を使います

僕のいた所では50㎝四方くらいのかごに野菜を詰めていきますが、いっぱいまで詰めるとおそらく10㎏以上にはなるかと思います。

これ1個でも重いですが、これを何回もこなしますのでけっこうきついです。

それをフォークリフトも使いますが、各自で運ぶのも少なからずあるので体力、

特に重いものを持ち運ぶという意味では必須の能力です。

細かい所で言うと、収穫などして残ったゴミ(葉や出荷できない野菜)を捨てに行くところもありますが、そこまでは軽トラで運びました。

そしてゴミを降ろして、少し運びましたけど、これは全く持ち上げることはできなかったので10㎏や20㎏では済まないと思います。

そもそも軽トラで運ばなければいけない時点でけっこうな重さですけどね。

初めて持った時に、想定以上に重くて少し腰を痛めました。

全般的にスピーディーである

正確性ももちろんだけど、とにかく速くやる

これは特に僕がいたとこみたいな仕分け(箱詰め)作業があるようなところは特に

言えます。

もちろん作業を正確にやることも要求されますが、それを完璧にしたうえでの

スピードが備わってそ普通。

それこそ細かい所で言うと、野菜を箱に詰めるための段ボール箱の組み立て、スーパー等で売るための小袋に野菜を入れる作業なんかもありました。

これも正確性+スピードを兼ね備えて普通。

業者が大量に運搬するから、それだけたくさん捌く

収穫した野菜をまとめる作業をして、各業者が取りに来ますが、数十箱単位で持って行くのでそれだけの量をまとめるためにはスピードが必須です。

そもそものろい人やマイペースな人にとってはものすごくきついでしょう。

僕のことですけど(笑)

スポンサードリンク

 

研修生(外国人)とのコミュニケーションする

英語で割と通じる

これは能力というものでもないですが(笑)

最近は全部の各農家・農業法人ではないですが、外国人の研修生の受け入れを盛んに行っています。

僕のいた所も数名いました。

出身国は様々でしたが、だいたい僕のいた所は東南アジア方面が多かったです。

日本語も話せなくはないですが、普段のスピードだとあまり聞き取れないようなので、ゆっくり話してあげると通じます。

もしくは話せるのであれば英語でも割と通じます。

話せたら話せたで面白い

僕も覚えている範囲で英語は使ってみて、ある程度は喋れました。

正直外国人との接点が今まであまりなかったので最初は戸惑いましたけど、慣れるとけっこう楽しいです(笑)

社長や社員からはゴミみたいに思われてましたけど、研修生とは1か月の間でけっこう仲良くなれたと思います。

ちなみに研修生は日本にいられる期間がビザか何かの関係で決まっているそうで、長くても2,3年とか?

それ以降は母国に戻って、農業振興につとめるそうです。

まとめ。独立前の修行には良いかも

f:id:ryota0622:20171008014553j:plain

ということで農業法人で働いた経験を基に、農業で働くのに必要なことをまとめました。

塾講師の時も言われてましたが、元々スピード全般は弱点でもあったので、今冷静に考えると能力的に適性はなかったです。

仕事としての農業はきついでも触れましたが、農業は想像してるよりはいろんな意味できついです。

僕も経験者として、安易にオススメはしません。

最終的にやるかは個人の判断になりますけど、こういう実情だよというのは知っておいてほしいです。

 

ただし、将来的に自分で独立して農業をやるための修行ということでしたら良い機会でしょう。

関連記事

農業関連でこちらの記事も。

www.ryota-freedom.com

2 Comments

sasashi

>>元々スピード全般は弱点
私もそうですが、スピードが遅いと特に肉体労働系の仕事では致命的なんですよね。知的体力とかは不要ですし。

ryota0622

まさにその通りです。
ある意味、事務処理能力的なものが重要かと思います。

現在コメントは受け付けておりません。